new! Category: blog - 2015.04.25

thank you

NaoTamura_Momento04

It’s hard to believe it had been almost a week since I got home from Milan.

This time we introduced a glass lamp called “Momento” which I got an inspiration while I was visiting the glass factory in Venice. The form is purely created by the glass blower’s spinning technique. Letting the natural material shape the form by itself. The center drop with thick glass works as a “lens” and increase the light provided by the small LED above. If the light source is close to the glass it gives you an even light, and with the distance it shows several rings that captures the glassmaker’s spinning technique.

When I was visiting Venice, I was looking at the reflection of the cityscape on the water and wondering why I feel so relaxed… And I realized that the reason was the continuous movement of water. I found it so relaxing and I wanted to add that emotional aspect into an industrial object. Momento works not only as a daily task lamp, but when it’s in installation position, the LED ball works as a pendulum and gives a continuous movement.

I hope that all of our visitors enjoyed the Momento!
Thank you very much for everyone who visited.

Film by Davide Calafà
Created by WonderGlass Ltl
今年も慌ただしくあっという間に過ぎたミラノサローネでした。
今年はMomentoという照明を発表しました。

前のプロジェクトで硝子工房を訪れていた時、真っ赤に熱された硝子に吹き職人が一吹、その一瞬、周りの光に反射して奇麗な光が硝子の中に灯される瞬間がありました。その瞬間を照明に出来ないかな、っというところから始めたプロジェクトでした。

今回はコンピューターを使わずに、熟知した職人さんが作りやすい形、一番素材が生きる形をそのまま使いました。中心の硝子が溜まった部分はレンズとして小さなLEDが照らす光を拡散させています。照明と硝子の距離が近い時はフラットな光になり、距離を離すといくつもの輪っかとして光が灯されます。それは吹き硝子職人が何度も回転させた軌跡の輪で、まるで水面に落ちたしずくの様に優しい光の波紋となりました。

それは私がベニスの街で見た風景に重なり、そのいつまでも見ていられる風景の様に心地良い動きを加えてみようと、LEDの玉を振り子にし、絶妙な動きを光に加えてみました。もちろん、金具を下ろせば普通の照明として動きませんが、手仕事が作り出す自然な形の様に、空間にゆだなり生きた光を灯す照明になったように思います。

私がベニスの風景に感じた様に、見た人が少しでも心地よいと感じて貰えたら幸いです。
忙しい中足を運んで頂いた方々、どうもありがとうございました!


Category: blog - 2014.11.28

estudio mariscal

IMG_0386

バルセロナ オリンピックのマスコットキャラクターを描いたmariscalのスタジオを訪ねた。オリンピックの仕事を受けた時に引越して、その時から植物を植え始めたんだって。今では深い緑と鳥に囲まれた夢の様なスタジオだった。本当にうっとりしてしまいました。

IMG_0384


Category: blog - 2014.11.03

thank you

IMG_9018

本当にあっという間の楽しい日本も終わってしまった。バタバタで見に行きたかった所もかなり行けなかったけど、、、ELLE DECOR TALKもあり、人前で話すと言う慣れない事でも、こう言う機会に自分の歩んだ道を振り返る事も大切だなと思いました。この様な機会を頂けた事に感謝です。
また、Diorの放送も沢山の方からコメントを頂き恥ずかしい気持ちもありましたが、とても嬉しかったです。いろいろありがたい気持ちと共に我が家に戻りました。
13時間ほぼ爆睡して着いたNYは、たったの6日の留守だったのに秋から冬へ。すでに相当さむい。。これからの冬が思いやられます。。
でも、オレオも元気いっぱい出迎えでくれて、元気にまた1週間がんばろー!

The photo above is from exhibition “Image-Makers” at 2121 Design Museum.
The exhibition was about creating magical worlds of imagination…
And the photo below is me with my dearest grandma!

IMG_0103


Category: blog - 2014.08.31

barcelona

image-2
image-1
image-4

ここのところ仕事でバルセロナに行く機会が増えた。不景気とはいえ、バルセロナ(スペイン?)の人達の笑顔には人の暖かみを感じます。

笑顔って、鏡みたいなものだなと思う。
笑顔な人の前では、やっぱり笑顔になれるし、
相手の表情は、自分の表情を映し出してる気がする。
きっとバルセロナにいると普段よりにこやかになれてる気がする。。

バルセロナで出会った人はみんな素敵な人ばかりで、
ちょっと街に恋心が芽生えます。
写真は少し前に連れて行って頂いた建築家の自宅。
またまた、うっとりしてしまいました


Category: blog - 2014.08.31

WIRED

nownao

毎年かんかんに暑くドライ サウナの様なNYの夏も、
今年は何ともマイルドで、気づけば8月も今日で終わってしまう。。

みんなが夏休みで浮かれている静かなうちに
仕事を進めようというせこい思惑もあったけど、、、。
予定どうりには行かず、でも、静かで爽やかな夏を楽しみました。
さて、8月も過ぎれば、今年のお尻も見えて来ますね。。

写真はWired Magazineの取材に来てくれたCOLLIN HUGHES.
オレオとのツーショットも撮ってくれました。

WIRED MAGAZINE, LIFE DESIGN というテーマの内容です。

記事はYUMIKO SAKUMAさん。私と同じくらいNYにいる日本人ライターの方。
この街にも沢山面白い日本人がいるんだなぁ、もっと外に出て人に会わないといけないと、
オレオと二人、基本引きこもりの毎日に反省です。

NaoTamura

PHOTOGRAPHS BY COLLIN HUGHES

Category: blog - 2014.05.01

The Fornasetti house

image-1
image-5
image
photo
What an inspiring house…


Category: blog - 2014.04.21

morphing installation | salone2014

NaoTamura01
NaoTamura04
NaoTamura05
NaoTamura06
NaoTamura07
NaoTamura08
NaoTamura09
NaoTamura11
NaoTamura12
NaoTamura13
NaoTamura14

Client/ WonderGlass
Year/ 2014
Lighting Design:
Grappa / Claesson Koivisto Rune
Luma / Zaha Hadid
Sleeve / John Pawson
Flow[T] / Nao Tamura
————————————–
Photo&Video/ Carlo Lavatori
Sound: Aya Nishina
Sound Engineer: Fernando Aponte

Category: blog - 2014.01.27

oui

photo
image-3

昔一人でバックパック旅行をした。おっきなリュック一つしょってスニーカー履いて、行き先も特に決めずにひたすら4ヶ月。その時初めてパリに行った。若かったし、汚かったし、知り合いもいなかったし、何となくパリの高貴な感じと言うか、パリジェンヌのすました感じというか、そんなのが何だかとても眩しくて居心地悪く感じた。あれから何年経ったんだろう?今見るパリは何だか違う。美し過ぎてまだ眩しい感じはするんだけど、そんな複雑な深みをもっと知りたい気持ちがもぞもぞする。

Category: blog - 2014.01.08

ny

駅の同じ場所で毎日違ったミュージシャンが演奏する、なので何となく横目で見ながら通り過ぎる事が多い。でも、今日のミュージシャンは声がとってもキレイで思わず立ち止まった。こんなにも自由に美しく歌えたら気持ちが良いだろうなぁ。限りなく音痴な私は羨ましい気持ちでお腹いっぱいになりました。

Category: blog - 2014.01.04

photo 1

マイナス8°新年からしっとり雪がつもり普段汚い町も真っ白にきれいに覆われてます。